華やかに見せると、軽い内容だと思われませんか?

Processed with Moldiv

世界観プロデューサー飯沼暢子です。

今日も想いのある素敵な
女性起業家さんと面談でした。

日本にはまだまだ、広めたいことが
山のようにあるなと思います。

さて、世の中には玉石混合で、
中身の薄いサービスと、
深いサービスがあるのは事実ですよね。

認知のためには魅せ方が大切なのは
わかるけど、

本質的なものであればあるほど、
「華やかに見せると、
軽い内容だと思われないかが心配です」と思われる方、
とても多いです。

お気持ちはわかります!

が、
マーケティング
(お客様に出会って買っていただく一連の流れ)
にはルールがあって、

まず、
目に留まる
ことから始まるのです^^。

そして、
あなたが新しいお客様の
視界に入って
「目に留まる」チャンスは、
0.5秒、ほんの一瞬です。

ですので、
ルールにのっとって、

まずはシンプルに、
第一印象で
「目に留まる」にはどうすればいいか?

を考えてみてください。

目に留まる、キャッチコピー

目に留まる、カバー写真

目に留まる、プロフィール写真…

その後、深さは
毎日のFacebookやブログでの発信、

メールマガジンで
次のステップとして伝えていってください。

今はお客様側も、
想像以上に情報の質には敏感なので、

本物かどうかは感じ取っているものです。

近所に新しいパン屋さんができていたとして、

①世界観のある外観

②一般の家のような外観

どちらが目に留まり、
行ってみたくなるかと言えば、

やっぱり
①ですよね。

②は気づかれることすら
ないかもしれません。

あなたを待つお客様の為にも、
見つけられやすい表現を
装備しておいてくださいね。