Facebookは、あなたのリア充っぷりを表現しなければならない場ではありません。

Processed with Moldiv

「『どこに出かけた』とか『誰とご飯食べた』とか。
自慢しているようで、
自分のライフスタイルをFacebookに
投稿するのに抵抗があります」
というお悩みをよく聞きます。

 

Facebookは、あなたのリア充っぷりを
表現しなければならない場ではありません。
ビジネスにおいては。

では何のためか?

というと、

①未来のお客様に向けた、ブランディングのため
と、
②あなたの後を追いかける人の、ロールモデルとなるため

と私は考えます。

①個人起業家のブランディングとは、

どんな信念のもと、
何を考え、
何を選び、
どう行動したか

というあなたの人生を
形作るプロセスに

専門家の物語として一貫性をもたせること。

人は日々の
あなたの物語に、
深く共感します。

ノウハウの投稿だけでは、
この共感は生まれないのですね。

②ロールモデルとなるため

進化や成長の意欲の高い人ほど、
ロールモデルを探しています。

理由は簡単で、
後を追うと進化と
望みの実現が速いから。

あなたは
あなたの後から付いてくる
人たちの先を走る役割です。

どんな環境を選び、
どんな人とともにいることを
選んでいるのか

それを「毎日」の
ライブ中継として
示すことで、

見ている人達は
あなたの変化や行動の
スピードを真似ることも
できます。

わたし自身も、
6年ほど前から

ウォッチしている
起業家さんがいて、

一時期は
通うスクールや
美容院や
買い物する場所など

いろいろなことを
とにかく
真似ていました。

その結果、
何より当時は会社員だったのが
「この人みたいな
仕事とプライベートの境目がない働き方がしたいな」

という望みも
起業という形でかないましたし、

一生ものの仲間ができたりと、
得たことはほんとうに大きいです。

これも
その人が、
毎日毎日、

自分のライフスタイルを、
画像と言葉で切り取って
惜しみなくSNSで発信し、

追いかけたくなるような
ロールモデルと
なってくれたからだと
思います。

Facebookでのライフスタイル投稿は、
未来のお客様に向けたブランディングのためと、

あなたの後を追いかける人の
ロールモデルとなるため。

こう目的を置いて
投稿を楽しんでくださいね^^