光のかけらを集める仕事

Processed with MOLDIV

世界観プロモーション飯沼暢子です。たくさんの色鉛筆を見ていたら、
そこに「光のかけらが色になった。」というコピーが書いてありました。

そう言われてみると、わたしの仕事は、
人の言葉と表情から光のかけらを読んで、
その人がもつエネルギーを「ビジネス」という価値に
ブランディングしていくことなんだな。

そんなことを思っていたら、
個人起業家であるみなさんの仕事のほとんどは、
身体、外見、心、声、言葉、食など
切り口はさまざまだけれど、
光のかけらを集めて、何かを取り除いたりつないだりして、
形にすることなのだなと思いました。

人間は人間の大きさでは収まりきらないほど、
本来はいろいろな姿をもっている。
・蒲公英、薔薇、海、草原など、自然のような姿
・宇宙や、星、女神など大きな存在に似た姿
・赤ちゃんのような、純粋性を極めた姿
・空気と心をふるわせる音楽のような姿

専門家は自分の得意なことで
人の本来の姿の光の破片を見つけて、
お客様に反映し、お客様が自分自信の光を得て輝いていく。

そして今度はお客様の光を専門家が受けて、
専門家自信も光を得て輝いていく。

そんな仕組みになっているのだなと思います。

さて、色鉛筆をたくさん買ったので、
今夜は色と波長のお勉強をしようと思います♪