女性起業家のロールモデルになるには?

えりこさんIMG_1416

世界観プロモーション飯沼暢子です。誕生月感謝企画の単発コンサルも間もなく終了!記念すべき9人目は、2014年の私の第2回体験会に参加してくださったerikoさんでした。

身体にも心にもやさしい、きれにいになる食事を提案している料理研究家さんです。
「とても濃厚な時間でした!ようこさんのお話は本質をついていてわかりやすいです」という感想をいただきました。本当にありがとうございます。

専門家としてのブランディングの方向性と、Webの仕組み化、レシピ本出版の可能性のつなぎ方、
3年後には今自分が憧れる女性起業家のロールモデルのようになれる3つのポイントをいっしょに探しました。

まずあなたのロールモデル3人を選びましょう

みなさんにも、「あの人みたいになりたい!」と憧れるロールモデルがいるのではないでしょうか?Role Modelとは、ロール=行動 モデル=規範(ひな型)。
あなたは、自分の中にあるこれから花開く未来の可能性の種をロールモデルの中にみています。
ロールモデルを3人選び→彼女、彼の思考や行動などの特徴を観察して→分析して→思考と行動を真似て実践しましょう。
実践することで、思考や行動の背景にある人間性まで理解することができます。

 

憧れの起業家ロールモデルになれる3つのポイント

その1。自分であること

「あれ?ロールモデルのようになるのではなく自分?」と思うかもしれませんが、あなたが選んだ憧れのあの人は、きっとどこまでも自分であることを追求した結果、オンリーワンの表現者となり、今の地位にあるはずです。

つまり、真似るべきは自分軸を持つための思考と行動のパターン。どこまでも自分であることを追求しましょう。

 

その2。自分の内側と会話すること

自分の軸を決めたら、それを人に伝えることで、自分らしさが結晶化し、影響を与えていきます。そのためには、「自分が人として、専門家として今、何を本当に言伝えたいのか」を捉える感覚と、言葉に落とし込む能力が必要です。「今わたしがメッセージしたいことは何?」自分と毎日会話しメッセージを言語化や視覚化する練習をしていきましょう。

 

その3。自己表現、発信しつづけること

起業家のロールモデルになる人は、圧倒的に発信しつづけることを行っています。たとえ完璧な状態でなくても、スケッチをするようにSNSやセミナーで発信をする。どんなに才能ある画家もスケッチをつづけなければ名作となる絵が描けようにならないのと同じこと。はじめは粗くてもいいので、進化しながら発信をつづけていきましょう。

 

ロールモデルと同じにならなければ成功!

すると、いつの間にかあなたは、憧れだったロールモデル達のエッセンスを取り入れながら、あなただけのオンリーワンのポジションを確立しているでしょう。ロールモデルのコピーとなり「ほかの誰かと同じ」になることではなく、「あなた自身」になることを追い求めるのが、ロールモデルの幸せな活用法。なのですね。