強さとは必ずしも男性的であることではない 個人ブランディング

Processed with MOLDIV

世界観プロモーション飯沼暢子です。女性起業家様のブランディングプロジェクトが着々と進んでいます。
一言で「女性」と言ってもいろいろなタイプの方がいて、私にブランディングを依頼する方は
たいてい「強さ」をお持ちです。ですが、サービスネーミングやプロフィール写真、発信の文章を
親しみやすくまとめようとされていたりします。

だけれど、その方の場合本当の吸引力は「強さ」にあり、親しみやすさや情緒的な部分はほんのすこしベールをかけるように添えるだけでちょうどよい塩梅だったりします。(これは資質の分析から読み解けます)

「強さを出しましょう」とお伝えすると、「男性的に振る舞うのは嫌だ」と抵抗を感じる方も
いらっしゃるのですが、「強さ」とは必ずしも男性的なエネルギーではないのです。

女神のように、すべてを受容し、本質を見据えて、新しい世界を産み出す。

女性らしさは高次元の強さであり、
その強さは今この時代に求められるしなやかな創造の力なのだと思います。