人はなぜ、服や言葉で装うのか

Processed with MOLDIV

世界観プロモーション飯沼暢子です。経営者や小さな会社の世界観プロモーションを極めるべく、
個人の資質から読み解くファッションのお勉強をしていますが、昨日半年間のベーシックコースが終わりました。
(写真はわたしが選んだ自分に似合うONと OFFの服装)
とっても楽しかったー!

わたしは常日頃から、個人起業家が活躍したいなら、マーケティング以前に本質的なブランディングだと
思っているので、集客テクニックの前に、
その人が発する言葉や表情からエネルギーを読み取り、ビジネスコンセプトや言葉を調整することを重視しています。

その理由、そしてわたしが実現したい新しい世界観がどんどんクリアになってきました。
ロールモデルもほぼ決まっている。

「自分は何者なのか?」起業をきっかけに自分を見つめ、表現力を磨いていくことは、
他者の視点から、本質的に求められる自分の姿を見つめることにつながる。

本質的に求められるものとは、きっと、あなたの才能を活かした使命や実現したいビジョン。

他者はあなたの表現を見たとき、本能でそれを読み取り、あなたの本質と合っていれば魅力を感じ近づきたくなり、
合っていなければ、違和感を感じて距離を取りたくなります。

プロモーションは、宣伝するという意味もありますが、昇進という意味もあるのですよね。
あなたの本質と他者の視点がつながったとき、価値がプロモートされて活躍につながるのです。

そして活躍した結果、経済的豊かさや愛情というご褒美がやってくる。
自分自身を探求して、表現したことを祝福されるかのように。

世界観のプロデュースは、やっぱり奥深く楽しい仕事だと思います。