あなたのPRポイントがわかる6つの女性起業家活躍タイプ

女性起業家1

あなたはどれ?女性起業家6つの活躍タイプとPRポイント

女性起業家の活躍タイプにもさまざまあります。

タイプにより、PRすべきポイントが異なります。

ここでは6つのタイプに分けてご紹介しますので、あなたに合った活躍タイプを見つけてみてください。

そして、自分の活躍タイプに近い価値観を持つ、ロールモデルを見つけ、その人のPR方法を参考にしたり、女性起業セミナーや女性起業塾を選ぶ場合にも、自分に近いタイプの人を選ぶと、いい形で活躍をサポートしてもらえると思います。

 

タレント・プロモータータイプ(自分のことが大好き)

PRポイント:自分自身にスポットライトを当て、自分を商品として売っていくと活躍できます。

 タレント・プロモータータイプチェック項目

 □キャラがたっていると思う

□見た目には自信がある

□人前で話すことが苦にならない

□よく憧れられる

□魅力的だねとよく言われる

□同性異性問わずよく食事や遊びに誘われる

□目立つといわれる

□熱狂的なファンがときどきできる

□「変わってるね」は褒め言葉

□タレントなどをやっていたもしくはスカウトされた

 

人柄タイプ(コミュニケーション方法、場の空気を大切にする)

PRポイント:お客様との関わりにスポットライトを当てると活躍できます。
 

人柄タイプチェック項目

□予定外のことにも柔軟に対応できる

□人とかかわるのが好き

□いいことは人に教えたくなる

□実は人見知り

□相手が何を考えているか察しやすい

□場所を選ぶとき、ムードを大切にする

□建設的な言葉が好き

□サービス業は向いていると思う

□おせっかいが好き

□「ありがとう」とよく言われる

 

職人タイプ(商品やサービスにとにかくこだわりがある)

提供する商品の「質」や製作過程やこだわりにスポットライトを当てると活躍できる人。

 
職人タイプチェック項目

勉強や研究が大好き

□提供する商品の「質」にこだわっている

□一生技術を磨きつづけたい

□約束は守る

□仕事に妥協ができない

□伝統的なもの、古いものが好き

□頑固

□いい商品を提供すればお客さんはついてくると思う

□「職人」と呼ばれるとうれしい

□得意なことと苦手なことがはっきりしている

 

アーティストタイプ(芸術、表現すること、美しいものが好き

PRポイント:自分の創り出した作品、哲学、美学にスポットライトを当てると活躍できます。

 
アーティストタイプチェック項目

□話すときの言葉数が少ない

□相手の話を聴くとき、画像でイメージしている

□自分は情熱的だと思う

□自由に考えることが好き

□世の中にないものを創造したい

□いつもアイディアが浮かんでいる

□流行に流されない自分の感性の軸がある

□喜怒哀楽がはっきりしている

□作品や仕事は自分の分身のように思う

□話がとぶ

□冒険心が旺盛

 

商人タイプ(目標数字のことを考えると燃える)

PRポイント:実用性や、達成した数字や成果にスポットライトを当てると活躍できます。

 商人タイプチェック項目

□成果=売上だと思う

□お客様のことをいつも考えている

□競争に勝つとうれしい

□収入が上がるとうれしい

□実用性を重視して買い物をする

□プレゼンテーション、説明が得意

□クロージング、販売が得意

□売り方を工夫するのが好き

□サービス精神が旺盛

 

ライター・エディタータイプ(情報を収集して付加価値をつけるのが好き)

PRポイント:情報の鮮度や着眼点、切り口など文章や製作物にスポットライトを当てると活躍できます。

ライター・エディタータイプチェック項目

□流行りものを知っている

□人や物のいいところを見つけるのが得意

□人の話を聴くのがすき

□本をたくさん読む

□言葉のチカラを信じている

□いつでも少し客観的

□同じことを淡々とつづけるのは苦手

□「面白い人だね」と言われると嬉しい

□内勤と外勤半々が好き

 

まとめ

いかがでしょうか?「ああ、そういえばあの活躍している女性起業家はタレントタイプだなあ。」とか、

「確かに、アーティストタイプの起業家が売上額のことをSNSで出していたりするとちょっと気持ちが冷めるな」など、気づいたことがあるのではないでしょうか。

 

起業家タイプは、専門家としての情報発信の方法や、得意な場のスタイルづくりの参考になります。

例えば、タレントタイプ、主役をやりたい人は、自分のキャラクターやライフスタイルをSNSで発信するとファンが増えます。講座などは、大勢を相手にするのが◎。

人柄タイプは、自分だけでなく、人と話している場面の写真や、人間関係を観察して思ったことなどを発信。個人セッションもしくは少人数の講座が向いています。

自分の活躍タイプを知り、フォーカスすべきところをPRしていってくださいね。