低価格の商品をたくさん売るビジネスプラン。これでいいですか? ビジネスコンテスト

Processed with MOLDIV

世界観プロモーション飯沼暢子です。今日は、関西から某ビジネスコンテスト最終選考を控えた個人起業家様からのご相談でした。
「着眼点はいいという評価だったのですが、どう収益性を出していくかがもやもやしていて…。」企画書とネーミングを拝見すると、一瞬で、「これはいいビジネスになる!」と確信しました。

だけど…低価格の商品をたくさん売るビジネスプラン。く、苦しい…。これはちょっと待った!です。


みなさんに質問です。

 

あなたが持っているスキルや経験、アイディアから、3千円の商品と、30万円の商品を創ることはできますか?

 答えが「Yes」だったとして、多くの人が、「まずは3千円の商品からたくさん売るのが簡単ではないか」と考えるのですが、正解は逆です。

3千円の商品を100人に売るのと、30万円の商品を100人に売る努力。極論すると実はそんなに変わりません。

その価値を求める100人を集客して、魅力を伝えて、決断して申し込みしてもらい、受付対応をする。その工数はシンプルに考えると同じ。

ですが売上は、3千円×100人=30万円と、30万円×100人=3000万円で、大きな差ですよね。

月商60万円を目指すなら、3千円×200人を集客して売るのと、30万円×2人を集客して売るのとどっちが簡単で、どっちが満足度の高いサービス提供ができて、ビジネスが軌道に乗り長くつづくイメージがあるでしょうか?

これは、おそらく「後者」と答える人がほとんどだと思います。

と、いうことで、先に高価格の30万円の商品を売れるようにしていき、30万円の商品が順調に売れて資金も潤沢になり、もう対応しきれなくなる位集客ができるようになった頃、低価格の商品の販売を始めると、こちらも売れていきます。

 

もしくは低価格の商品は利益度外視で、高価格の商品の見込み顧客を集めるために売ると位置付けるか。

※高価格の商品をどうしたら売れるようになるのか?は、無料メルマガでもお伝えしています

 

今回の2時間の単発起業コンサル。
このようなご感想をいただきました。

 

「すごい2時間でした。本当にやりたいことで、着眼点とネーミングにも自信があったけれど、このビジネスコンテストに出したことで収益性を半年考えつづけ、答えが見えずに苦しかったです。

3500円の商品をたくさんの人に販売する。それしかできることを思いつかなかったけれど、発想を変えることで、一気に骨太のビジネスプランになり、人材育成や収益性の問題も一気に解消し、3年計画で世界まで展開できそうなイメージが持てました。

今年は煮詰まることをやめて行動していきたいので、目からウロコでほっとしました」

とのこと、ありがとうございます^^。

わたしが喜びを感じるのは、使命に導かれるように、「これをやりたい」と心を決めた個人起業家が、その実現方法で悩んでいるときに、ボトルネック(いちばんの問題点)を見つけ、具体的に解消のお手伝いをして「あとは行動するだけ!」と、後押しをできた瞬間です。

大荷物を一人で抱えて歩けなくなっていたのが、荷物が軽くなり、スイスイ歩けるようになるようなイメージ。

ビジネスの誕生や生まれ変わりのプロセスを応援するこの仕事が好きだなあと、改めて思います。

今日もありがとうございました。

 

2時間の単発起業個別コンサルはこちら▼

自分のビジネスを作りたい人の為のアドバンテージ コンセプト単発コンサルティング
http://torching.jp/experiential-workshop/personalsession