〈男性脳と女性脳を合わせてひらめく!〉セミナー名の考え方

Processed with Moldiv

世界観プロデューサー飯沼暢子です。

 

女性が思わず参加したくなる、

セミナー名
講座名

を考えるときの、黄金法則があります。

それは、
男性脳と女性脳的表現をミックスすること。

男性脳的情報(理屈や権威)=
参加すると得られるすごい物や得られるまでのスピードを、わかりやすく伝える。

女性脳的情報(感情や想像)=
参加すると得られる未来の自分を、想像の余白を残してちょっと神秘的に伝える。

例えば参考になるのが、
amazonの本ランキング。

『女性と仕事』のジャンルでランキングを見てみました。

1位 40歳から、幸せを引き寄せる習慣

男性脳的情報=40歳から、習慣

女性脳的情報=幸せを引き寄せる

2位 女たちよ、今すぐヨガを教えなさい!
- 世界一、愛する人との絆、結婚、妊娠、出産、育児を楽しみながら、
ライフワークで輝き続ける! 女の夢を叶える生き方の秘密教えます

随分長いタイトルですね…。

男性脳的情報=今すぐヨガを教えなさい! 生き方の秘密教えます

女性脳的情報=楽しみながら、
ライフワークで輝き続ける! 女の夢を叶える

3位くよくよ悩んでいるあなたにおくる幸せのストーリー
重~い気分を軽くする認知行動療法の34のテクニック

男性脳的情報=重~い気分を軽くする認知行動療法の34のテクニック

女性脳的情報=あなたにおくる幸せのストーリー

4位レディ・レッスン~ポジティブガールの教科書~

男性脳的情報=教科書

女性脳的情報=ポジティブガール

5位 なぜかお金を引き寄せる女性39のルール

男性脳的情報=お金、女性39のルール

女性脳的情報=なぜか、引き寄せる

いかがでしょうか?

どれもこれも、
男性脳的情報=『得られる物』の情報をわかりやすく、

女性脳的情報=『得られる未来』をちょっと神秘的な表現で

組み合わされていますよね。

どちらか片方だけだとどうなるかと言うと…

例えば5位の書籍タイトルの場合

男性脳的表現だけの場合は
『女性がお金を得る39のルール』

となって、なんだか全貌が分かり過ぎてつまらない
タイトルに。

女性脳的表現だけの場合は
『なぜかお金を引き寄せる女性』

となって、なんだかふわっとして
引っ掛かりのないタイトルに、なりますよね。

男性脳的表現+女性脳的表現を

うまく組み合わせて、

お客様が申し込みたくなる!

セミナーや講座タイトルを
作りましょう♪