オリジナルビジネスのつよい武器!キャッチコピーには2種類ある

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bcimg_3084

世界観プロモーション飯沼暢子です。みなさんは、2種類のオリジナルキャッチコピーを持っていますか?プロモーションのためのキャッチコピーには、情緒的なもの、機能的なものの2種類があり、主に情緒的なものはブランディングに結びつくもの、機能的キャッチコピーはダイレクトにセールスに結びつくもの、です。これを使い分けると成約率が上がりますよ。

情緒的キャッチコピーと、機能的キャッチコピー(+サービス名)の例

例)自己PR作成をサービスにもつ方の場合

情緒的キャッチコピー:雷に打たれた衝撃が走る 世界一感動する自己PR創造ラボ
 
機能的キャッチコピー:1分で顧客に選ばれる自己紹介ができますか? 最強自己PR作成セミナー

 

情緒的キャッチコピーと、機能的キャッチコピーに適した言葉づかい

「情緒的キャッチコピー」は感覚に訴え、イメージが膨らみ、心に刻まれるように詩的な言葉を使います。あなた自身の雰囲気に合い、対象顧客が好む表現を使いましょう。

「機能的キャッチコピー」は、USP(Unique Selling Proposition独自の売りの提案)やオファー(購入に関する条件提示)などのテクニックや具体的数字を使いながら、頭で判断し手に取りたくなるように、「時間、費用、労力」いずれかのお得感を伝えます。

 

気をつけよう情緒的キャッチコピーと、機能的キャッチコピーを使う場所

わたしはカバー写真や名刺の表に入れるようなキャッチコピーは、「情緒的キャッチコピー」をお勧めし、
サービスメニューやセールスページの近くに入れるキャッチコピーは「機能的キャッチコピー」をお勧めしています。

使う場所を間違えると、役割が果たせず逆に商品価値をころしてしまいます。例えば、ブランド訴求したいカバー画像がチラシのようにチープになってしまったり、逆に来店訴求したいセールスページが何がお得なのかわからず行動を促せなかったり。

 

みなさんのキャッチコピーは、「情緒的キャッチコピー」、「機能的キャッチコピー」どちらでしょうか?適切な場所で使い分けできていますか?
今一度チェックしてみてくださいね。

 

 

▼キャッチコピーの作り方はメルマガでもお伝えしています。