たった5分であなただからお願いしたいと言われるクロージング

Processed with MOLDIV

世界観プロモーション飯沼暢子です。本日は、トーチングMethodチームコンサルティング補講でした!

たった5分でお客さまが申し込みたくなる、『話の聞き方」の法則をロールプレイイングしていきました。

大切なことなので繰り返し!お伝えしますが…
クロージングのための話し方とは、「販売するための話し方」ではなく、「お客様の決断を助けるための話の聞き方」です。

 

①現状の共有

②欲求の確認

③認知、承認

④解決策提示

⑤条件提示と決断の問い
の順番で、話を聞いていきます。

 

「深く、楽しい時間だった。自分らしさとはこれなんだと気づかせてもらいました」
「ネーミングという根本的なことを見直したくなったが、今後考えるのが楽しみになりました」
「課題が明確になりました」
との感想をいただきました。

高い技術や意識をもっている人ほど、その価値は通り一遍の言葉では伝わりにくいもの。
言葉の力を手に入れ、その真の価値を冒頭10秒で伝えることができたら、お客さまとの関係性も一瞬にして変わります。

みなさんの素晴らしいサービスが届くべき人に
まっすぐに届きますように!