自分が何ものなのか?が見えると進む方向が見える


世界観プロモーション飯沼暢子です。本日はトーチングMethodチームコンサルティング日曜日の回。

新メンバー、復帰メンバーも入り、「新学期みたいで楽しかった」という感動教材プランナー矢澤典子さんの言葉のように、フレッシュで感動的な一日となりました。

そして今日から、少し進め方を変えて「個の進化」に「場の進化」
「やり方」以上に「あり方」のワークを意図して入れてみました。

わたしのコンサル生にはチームコンサルに参加する人と個別にコンサルを受けている人がいます。
それぞれにいいところがあるけど、

チームコンサルのよさは、ずばり「借力(ちゃくりき)」を身につけられるということ。
起業家は一匹狼だけれど、人や環境と闘っては生きていけない。
どんな力も自分のものとして取り入れ、相手の力を自分に合成するのが借力。

この技を身につけることで、
起業家を船に例えるならば、見た目にも安定感があり優雅で美しい航海のできる船体となり、
たとえ大きの波のような困難がやってこようと、乗り越え進むしなやかな力が身につきます。

ーーーーーーーーー
今日のチームコンサルのご感想
ーーーーーーーーー
・あっという間だった。つづきを早く家でやりたい
・個性的な雨露のようなみなさんと豊かな時間が過ごせた
・自分らしさってよくわからないと思っていたが、ちゃんとあると思い安心して勇気が出た
・メンバーからもらう一言でずっと悩んでいた自己PRが一瞬で解決した
・何かを教えてくれる場ではなく自分から引き出してくれる場。自分の姿が日に日に見えていく
・今後の人生は仕事ができるできないを超えた人間的な部分を大切にしていきたいと改めて思った

9月、新しい始まりの空気の中、それぞれの個性を持つ船が、
それぞれの目的地に向かって、また新たな推進力をもって航海を始める姿を見るような
そんな一日でした。

ご参加のみなさん、今日もお疲れさまでした!

 

▼起業コンサルティング体験会はこちら
http://torching.jp/experiential-workshop/kumiawasekigyou