私の起業ストーリーvol.20 執着を手放すということ

執着を手放すIMG_2572

世界観プロモーション飯沼暢子です。1度目の起業失敗後転職も失敗。前職の会社にもどり、兼業起業からスタート。
起業するのも大事だけど、起業してつづける方がたいへんだなって思います。

さて!この私の起業ストーリーも、
起業してからはどちらかというと
これまでのそこそこ激動の人生の中では順風満帆でハッピーなため

そして飯沼暢子とトーチングの幸せな物語はつづくのでした…

と締めたい気持ちですが、
あと2回分ほど書きたいと思います。

負けないこと。

チームコンサルを本格的に初めてから
2年間は、負けないように、嵐の中をふんばって立っているような
感覚がありました。

何に負けないって、自分の執着にです。

わたしがこの仕事をしていて
エネルギーが消耗する苦手なものが2つありました。

1つめは、ガツガツギラギラエネルギー

2つめは、依存のエネルギー

 

1つめは、ガツガツしたエネルギー。

お金を貪り食うようにビジネスをする人のエネルギーが苦手でした。

(今も嫌いだけど、あまり気にならない)

2つめは、依存のエネルギー。

起業すると言いながらも、
それを何かから逃げる言い訳にしていたり、
やらない、できない理由を
家族や他者に依存して自分で責任を取らない、
変わろうとしないエネルギーが苦手でした。

 (今はあまりこういう人が周りにいなくなりました)

これらのことは、
「こんな起業家いるよね!」と語られる
『起業家界あるある』だと思いますが、

 

わたし自身が
こういう人と関わることに特に苦手意識を感じてしまっていたのは、
自分の中で最後の仕上げとして克服しなければならないことに
つながっていたのだと思います。

 

つまり、
わたし自身にも、
お金や、人間関係に関する執着が潜在的にあったということ。

 

お金をしっかり稼ぐことや、誰かと深い人間関係を結ぶことは
望んでいいことだけれど、

 

自分は欠けているから何かで埋めなくてはいけない。

 

そんな執着がずっとあったから、
会社員時代や、1度目の起業のとき、リベンジ起業1年目には、

 

身を粉にするハードワークをしないとお金を稼げなかったり、

こじれてしまう人間関係しかできない現実があったのだと思います。

 

では2度目の起業でどうやって、この執着を手放していったかというと、

 

一言で言うと、

 

信じ抜くこと。

 

これに尽きると思います。

何かに勝つとかそういうことじゃなかった。

 

一般常識や他者との比較を捨てて、
とにかく自分を正面から観て探求する。

自分のいいところもだめなところもまるごと信じる。

愛されるために生まれてきたと信じる。

自分は人を幸せにできる存在と信じる。

掛け値なしに手を差し伸べてくれる人がいると信じる。

道は幸せに向かって自然と照らされると信じる。

 

自分でやることは、
日常の今ここを生きて、信じて足を前に出して進むだけ。

 

この執着を手放してからは、

本当に大切なものを手に入れるだけのお金が自然と目の前にやってきて

自立的な人が自然と目の前に現れて深い関係を結べるようになりました。

 

個人的な執着が消えると、
自分の使命に集中できるようになります。

すると、起業して叶えたかったビジョンへとエネルギーが注ぎこまれるようになり、
実現したかった未来が形となっていきます。

 

つづく

 

 

私の起業ストーリーバックナンバー

vol.1 実は起業にいちど失敗しています

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory

vol.2 世の中のムードが追い風だったのに

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-2

vol.3 楽しさの裏でとても苦しかった

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-3

vol.4 セミナーに間に合わないかも

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-4

vol.5 もうやめよう。と思いました

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-5

vol.6 そもそも根っこがまちがっていた

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-6

vol.7 いちど会社員にもどりました

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-7

vol.8 就職活動だってきびしい

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-8

vol.9 周りが見えなくなったときの救世主

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-9

vol.10 私、余計なお世話でした

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-10

vol.11 人生やり直し

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-11

vol.12 3割の力で起業する?

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-12

vol.13 わたしの心のブロック。そしてミラクルが起こる

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-13

vol.14 運命を変えたティータイム

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-14

vol.15 トーチングMethod誕生秘話

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-15

vol.16 いよいよ!本当に?デビューできるの?

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-16

vol.17 初のセミナー集客は申し込み9名、当日来たのは4名!?

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-17

vol.18 コンタクトを売りたければ眼鏡屋へ行け

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-18

vol.19 コミュニティには所属する?

http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-19