私の起業ストーリーvol.4 セミナーに間に合わないかも

Processed with Moldiv

あなたの世界観から
オリジナルビジネスを創る
世界観プロモーション
飯沼暢子です。

4年前の一度目の起業では、

要はプロとして
やっていく
心、技術の準備が
実はできていなかったし、

方向性、ポジションが
ちがっていたんですね。

それはやってみるまで
わからなかった。

だから、
働けば働くほど、
苦しかったのでした…。

そんなある日のこと。

いつものように
セミナーのために
食材や調理器具が
いっぱい入った
大きなバッグを抱えて、
駅へ向かっていたわたし。

実は喉が痛く、
熱があって
ふらふらしていました。

そんな自分の頭の中は、
「健康美容を教えているのに、
自分が風邪をひくなんて
ありえない…」

と自分を責めることば。

セミナーでは
元気にふるまわなくては
ならないと思っていたので、

これまた
自己嫌悪に
陥りながら

コンビニで
栄養ドリンクを
急いで買って、
隠れるように
飲みました(笑)

そして、
駅に向かい、
改札を通ろうと
思ったとき…

「あれ、ない!?」

パスモも入っている
財布がなかったのです。

今日は
セミナーの日なのに。

どうしよう。

さっき
栄養ドリンク
買ったのに。

セミナーに
間に合わないかも。

一気に気が動転。

コンビニまでの道を
急いで戻りました。

つづきます。

 

私の起業ストーリーバックナンバー
vol.1 実は起業にいちど失敗しています
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory

vol.2 世の中のムードが追い風だったのに
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-2

vol.3 楽しさの裏でとても苦しかった
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-3

vol.4 セミナーに間に合わないかも
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-4

vol.5 もうやめよう。と思いました
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-5

vol.6 そもそも根っこがまちがっていた
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-6

vol.7 いちど会社員にもどりました
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-7

vol.8 就職活動だってきびしい
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-8

vol.9 周りが見えなくなったときの救世主
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-9