私の起業ストーリーvol.7 いちど会社員にもどりました


あなたの世界観から
オリジナルビジネスを創る
世界観プロモーション
飯沼暢子です。

夢みていた
起業家生活を
一度やめて、

会社員にもどるため
就職活動をすることを、

周囲に
宣言しました。

でも、
心に決めていたのは
「あきらめない」

ということ。

このときの
起業失敗から
わかっていた
ことは
3つあります。

①経済的、精神的
余裕がないと
起業のスタートアップはムリ。

②自然療法や
その人らしく生きる方法を
広めることがわたしのやりたいこと。
それはかわらない。

③わたしのポジションは
起業家プロデューサー・コンサルが
よさそう。

③については、
コーチングのクライアントさん数名に
自然な流れで
ブランディングや
経営コンサルをしていたのですが、

コーチングの質問を使いながら、
何のためにやるのか?

優先順位は何なのか?

を問いながら、
一緒にシゴトを
ひも解いていくだけで、

クライアントさんが
道を切り開いていき、

なぜか
多くのセレンティビティが
起こり、

プライベートの問題までも
解決していく様子をみて、

自分が役に立てる
ポジションはこれだという
確信をもてていたのです。

ですから、

一度会社員にもどって、
②と③を数年後に
また取り組むための、

会社員生活にしようと
思い、
就職先を選ぼうとしました…。

 つづく。

 

私の起業ストーリーバックナンバー
vol.1 実は起業にいちど失敗しています
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory

vol.2 世の中のムードが追い風だったのに
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-2

vol.3 楽しさの裏でとても苦しかった
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-3

vol.4 セミナーに間に合わないかも
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-4

vol.5 もうやめよう。と思いました
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-5

vol.6 そもそも根っこがまちがっていた
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-6

vol.7 いちど会社員にもどりました
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-7

vol.8 就職活動だってきびしい
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-8

vol.9 周りが見えなくなったときの救世主
http://torching.jp/kigyostory/kigyoustory-9