〈ホームページを〉作った方がいいですか?


世界観プロモーション飯沼暢子です。

わたしは会社員時代、Webビジネスプロデューサー
だったので、

Webの力を信じているし、大好き!です。

ですが、

起業したての起業家さんに

ホームページを作った方がいいですか?」と聞かれたら、

必ずしも「Yes」とは答えません。なぜなら…

・会社員から独立して起業したい

・師匠から独立して起業したい

・これまでとは違う事業を始めたい

ときに、
まず、立派なホームページを作ろう!と
思う人が意外と多いのですが、

わたしからすると「ちょっと待って!」
という感じなのが正直なところです。

まず、

ちょっと固い話ですが

起業=ビジネス=経営

なので、

 

ビジネス=
今ある人、物(商品となる物やスキル)、金を
価値を最大化して使いこなして、
利益を出していく。

その活動をしていきますよね。

そのためには、
マーケティング=
お客様と出会って買っていただく仕組みづくり

が欠かせないのです。

これが一番大切!

つまり、
あなたにとって、
ホームページが、お客様と出会って
買っていただく仕組づくりの中で
どのくらい重要なのか。

それによって、

今、ホームページを
どのくらいの予算で作るのがよいのか

を判断していきます。

 

いちばん大切なのは、
お客様と出会って買っていただく仕組が
泉のようになって、
お客様との出会い、
お客様の満足、
あなたのよろこび、
そして利益が湧き出つづけるようになること。

 

この泉ができないと、

いくら想いがあっても、
いい技術をもっていても、

残念ながら
ビジネスは継続できないのです。

その泉を完成させるための
お金がなくなるくらいなら、

ホームページは
今は作らない、もしくは
負担にならない金額で
作りましょう。

もうちょっと
具体的に言うと、

ホームページは、
大きな名刺、パンフレット
の位置づけなので、

・企業を顧客にする仕事や
・協会などの場合は

ホームページは信頼のために
必須です。

ですが、
・個人を顧客にする仕事

の場合は、

Facebookや、アメブロなどの
無料ブログで
十分、
お客様と出会って買っていただける仕組を
作っていけます。

個人を顧客にする仕事でも、
ある程度の規模になれば、
信頼や情報の見やすさ、
それから検索対策などでの資産化のために、

WORDPRESSなどで
独自ドメインでの
ホームページを
作ることもおすすめします。

ですが、
初めのお金がない時期に
立派なものを作らなくてもいいのです。

循環が回って
お金ができてから、

試行錯誤して
自分のサービスコンセプト、
ブランドが固まってきてから

ホームページを
作りましょう。