〈幸せな家庭と起業は両立できますか?〉


世界観プロデューサー飯沼暢子です。
起業は、
ただしいやり方を知れば、
ラクではないけどちゃんと実現できる。

だけど、
起業をがんばったせいで、
家庭がこわれそうになっています」というお悩み、
けっこう多いのです。

 

例えば、
前のように部屋をきれいにできなくなったり、
手作りのご飯が減ったので
パートナーの機嫌がわるい。
でも私も折れないので、
どんどん心の距離が開いている

といったお話を
よく聞きます。

そんなとき、
あなたの心の中では

どんな声が生まれていますか?

もし、
「ちょっとは手伝ってよ」

「わたしは起業なんてたいへんなことを
しているんだから」

のような声が生まれているとしたら…。

残念ながら、
自立のための起業ではなくて、
自立の逆方向に進んでいます。

逆に、
あなたの中の、
依存心がでている状態。

そして、

実は潜在的には
わざと忙しくなって、
わざと家族に負担をかけて、
わかりやすく
家族によりかかる現実をつくっている
ように思います。

そして、結果
わざと自分自身を苦しめているんです。

そんな風に
なりたかった訳では
ないですよね。

もうこんなことはやめて、
幸せになることを選びましょう。

もしかすると、
「子どもの頃、
がんばったけど、両親や先生に
認めてもらえなかった」

という経験がありませんか?

でもその、
「認めてもらえていなかった」
はあなたの幻想かもしれません。

少なくとも
大人になった今のあなたに
とっては。

たぶん、
もう手放していい時なんです。

「自分らしく生きよう」って決めて、

やりたいことを見つけて
起業したんですよね。

もう誰も
あなたのやりたいことを
邪魔したりしません。

あなたのことを
ばかにしたりしません。

先回りして
自分を傷つけなくていいのです。

安心して、
すこし心を緩めて、
自分の気持ち、相手の気持ちに
耳を澄ませて

地に足ついて
自分の道をゆうゆうと
歩いていってくださいね。

あなたが堂々としながら
緩めば、
家族もわかってくれると
思います。