なぜか行動できないときの〈図太くある勇気〉


世界観プロモーション
飯沼暢子です。

『嫌われる勇気』風のタイトルにしてみました。
同じようなことかな。

「自由と自立を目指して
起業準備をしているけれど、
なぜか行動できない」ということはよくある話です。

特に誠実で真面目な人ほど。

外から見ると、いつもと変わりなくても、
本人としては大ピンチです。なぜかと言うと…

自分の中に大葛藤が起こっているからです。

なぜなら、

「よし、自由と自立を手に入れよう」
と起業を決心したのに、
現実が追い付いてこないから。

現実が追い付いてこないというのは、
収入などの物理的問題よりも、

自分のマインドです。

自分のマインドが、
⓪「起業して自由と自立を手に入れる」
という決定に対して

①起業がうまくいって活躍すると、

②過去のようにまた、
忙しくなり、余裕がなくなって

③自分のことをまた嫌いになる

というシナリオを描いているので、
③にたどり着きたくないから、
動けないのです。
(②には人によってバリエーションが
あるけど、③はみんな同じ)

こうして書いてみると
わかるように、
⓪と③が食い違っているのですよね。

ではどうすればいいかというと…、

まずは、
⓪を、
「起業して自由と自立を手に入れて、
私は、幸せになる!」
とゴール設定を変えてください。

※このとき、
「○○を幸せにする」
みたいに、他の人のために
設定しないことが大切です。

自分の幸せの為に設定してくださいね^^

自分を幸せにできるのは本人だけ。

他人の幸せを設定すると、
結局完全に叶うことはないので、
苦しくなります。

すると、
シナリオがこう変わります。

⓪「起業して自由と自立を手に入れて、
私は、幸せになる!」
と決定している。

だから、
①起業がうまくいって活躍すると、

②過去のようにまた、
忙しくなり、余裕がなくなるかもしれないけど

③自分のことを好きになる

思い切り図太く、

幸せになって、自分を好きになるために
やるんだー!

と決めてくださいね。

社会貢献や
お客様への価値提供などは
2の次でいいです。
(真面目な人はちゃんとそこは
自動的に考えると思うので)

そうして、
忙しくなくなって凡ミスしたり、
余裕がなくなって家族に八つ当たり
しちゃうかもしれないけど、

「ま、いいよねー!^^
深く考えずにやろう。」

と、ここも図太くいきましょう。

新しいことを
やるのだから、
失敗や恥ずかしい想いをすることは
当たりまえ。

大切なのは、
失敗したときに
乗り越える図太さです。

「わー、失敗しちゃった。
ま、人間だからね!
謝って次回からは気を付けよう。」

これは、
お客様や家族
そして自分に対して
不誠実になるということ
ではなくて、

失敗する自分、
恥をかく自分にOKを出す
ということですね^^

苦しくて動けないときは、

自分を嫌いになることを
ゴールに置いていないか?

見直してみてください。