必要以上にいい人を生きない

Processed with MOLDIV

人に親切にしているのに、なぜかモヤモヤする反応が返ってくることがある。
こんなときは、もしかすると「助けたい病」かもしれません。

助けたい病は、過去の誰かを救えなかったという罪悪感や敗北感から生まれている
可能性があります。

その過去が未完了だから、別の人に親切にすることで、埋め合わせをしようとする。
そのときに、無意識に「不足が目立つ人」を対象者として選んでしまう。

だけど、「不足が目立つ人」は当然満たされていないので、心に余裕がなく、
あなたに何かをしてもらっても、上手に返すことができないので、
思ったような反応、例えば当たり前のお礼などが返ってこなくてモヤモヤする。

こんな構造になっているのかもしれません。

人は、愛情で満たされていれば、愛情を与えられたときに心から溢れ、その分を
相手にも与えたくなる余裕があります。

だけど、愛情で自分を満たすには、他人からの愛情を受け取る前に、
まずは自分で自分を満たさなければならないのです。

つまり、「この人からは愛情が返ってこないな」と思うときには、
その人が自分で自分を愛情で満たせるようになることを願い、待つしかない。

あなたがその人を助けてあげることはできないのです。

そしてそれは、そのままあなたと他者の関係でもあります。

だから、「助けたい病」に陥っているかも、と思う人は、
誰かを助けるよりも先に、自分を愛することにいちばんに取り組んでくださいね。

今日もよい1日をお過ごしください!