人の力を借りることは自分の価値を下げること?

人の力を借りるIMG_5778

世界観プロモーション®飯沼暢子です。最近はっきりわかったことがあります。人の力を借りることは、自分の価値を削ることのように思っていたけど、違った。

自分の枠を超え、大きくなることだった。

価値観を同じくする異なる性質をもつ者同士で調和する創造のプロセス。

そう決めたら、
協力者も現れ、不思議とこれまでとはちがう層の仕事のオファーをいただけるようになりました。

 

マーケティングコンサルには2種類いて、
1人は、仕組みを作るのが上手い人。
1人は、仕組みを通じてその先にある世界を作るのが上手い人。
そして私は…

あきらかに、2番目の役割を担っているということ。
「メルマガやりたい」「セミナー開きたい」「会員制コミュニティ作りたい」
でも、なぜか動きたい気持ちになれない。何を発信すればいいかわからない。
集客できたけど、心が通じない人ばかり来る。

だとしたら、仕組みの上を走らせる
あなたが描くストーリーと、
仕組みの先に作り上げたい世界が言葉になっていない。

そしてそのストーリーを先導するあなたが何者かが言葉になっていない。

さらに、もしかするとそのストーリーを走らせたくない深い理由があなたの心の中にある。

そんな訳で、自分は2番目を担い、極める。
1番目は信頼できる人に担ってもらうと1月に決めました。

仕組みができた後のストーリーと世界を作る仕事のオファーで、
今日はある企業の経営者様とお会いしました。

 

もしみなさんが今、次のステージへのステップアップに行き詰まっているとしたら。

全部を自分でやりながら拡大しようとしていませんか?

自分の得意なことで突き抜ける。

そう決めると、世界の見え方が変わります。