〈クリエイティブ派の講座の作り方〉/クリエイターコンサル


世界観プロモーション飯沼暢子です。

女性起業家 や、女性を 対象顧客 にする 起業家(男性もいらっしゃいます)の 起業コンサルティング を行っています。

大災害のあった日は
たいてい関連する夢を見ます。

起きたとき、ふと無力感を感じるのですが、
自分ができるサポートはするものの、
自然の摂理にはあらがえないので、

今朝は家を掃除をしたり、ご飯を作ったり、仕事をしたり、
いつもの日常をよりいっそう丁寧にすることに取り組みました。

 
あたりまえは奇跡。
今日もあたりまえに仕事ができる一日を過ごせたことに感謝しつつ。
 
さて、本題。

今日は、ときめき動画スタイリスト浜田ゆきこさんと面談でした。

心に余韻が残る動画のディレクションが得意なゆきこさんのお悩みは、
「講座のプログラムを言葉にしきれない」ということ。

クリエイティブ系のお仕事の場合、
すべてを言葉にしなくてもよいのです。
どういうことかと言うと…

 
 
講座の目的は、
 
ある一定のレベルまで、参加者を引き上げること。
 
 
その引き上げ方のプロセスは、
自分の得意な方法でOKなのです。
 
 
「すべてをちゃんと教えなければいけない」
という思い込みがあるかも
しれませんが、
 
逆に、
教え過ぎると創造の可能性を限定してしまう
 
という視点もあります。
 
 
ではどうすればいいかと言うと、
 
 
知っておかなければならない
基本的な事柄、手順、法則は
レクチャーするものの、
 
実践を通して、感じて学ぶ機会を
作る。
実践のテーマの出し方が
肝になってきます。
そして、
その実践に対して、
プロの視点で納得のいく講評をしていく。
 
 
教える役割だけでなく、
その人の才能と創造性を刺激して引き出し、
引き上げる役割に自分を置くと、
 
 
クリエイティブ派のあなたにとっては
気が楽で、
 
かつ
クリエイティブな才能をもった
生徒さんたちも、
のびのびと成長することが
できると思います。
 

—————

あなたの世界観から
オンリーワンビジネスを創る
世界観プロモーション
飯沼暢子
http://torching.jp
 
自然派本物志向起業家が
10倍豊かになるメール講座
http://torching.jp/?p=6