個人が通販ビジネスを成功させる2つの方法

internet-shopping

社会的意義のある素敵なコンセプトをもつ
海外在住の女性起業家さまより、
Net通信販売での物販についてご相談を
いただきました!

(大企業などの通販はまた別として)
個人が通信販売を成功させるには、
プロモーション必須ですが、
その方向性はこの2つのタイプのどちらかです。

①●をカリスマ化する
②●●●●を創ってヒットさせる

 

解説しますね^^

①人をカリスマ化する
⇒経営者本人でも、他の人でも
よいので、
SNSの発信で
タレント化してファンを創り

その人が想いを込めて創った
その人が使っている

物だから売れる。

という流れを創っていきます。

②看板商品を創ってヒットさせる
⇒欲しかった、でもなかった
看板商品を創り、

ここでしか買えない物だから売れる。

という流れを創っていきます。

例えば
①の代表は、タレントの
君島十和子さんや
辻希美さん。

あるターゲット層に向けて
憧れの
ライフスタイルを
自らが体現して発信していきます。

②は、
ショップチャンネル
で売っているような、
「これは他にはない!」

大人気! 省スペースで置き場所を選ばないスリムファン

ビバライズ 切れ味長持ち 関 ギザ刃三徳包丁

など、
かゆいところに手が届く系のものや、
問題解決系、

自分の商品の
他には無いウリは何なのか?
誰のどんな悩みを解決しているのか?
を想像しながら商品そのものと、
商品名を作っていきましょう。

私自身
以前会社員として3つの通販サイトを
立ち上げ、運営したことがありますが、

あるモデルさんと
コラボして
(当時はコラボなんて言葉自体ブーム前でした)
商品開発から行った
ルームウエアのプロジェクトでは、

海外の映画に出てくるような
家でもかわいくいられる
他にはないデザインで、

1日に1000着1000万円
売れたことがあります。

これは、
①+②の合わせ技ですね。

本日の面談で
ご相談いただいた方からは、
「コンセプトだけで行けると
思っていましたが、
やはりオリジナル商品を創ることを
ちゃんと考えます」

というご感想をいただきました。

▼個人起業家の売上げが10倍アップする
プロモーションについては、メルマガでお伝えしています。