Facebook友達申請の承認基準は?

友達申請IMG_1907

世界観プロモーション飯沼暢子です。起業したてのスタートアップの時期は、自分のことを「発見」してもらう機会をつくるために、Facebookの友達をまずは1000人にすることをおすすめします。

1000人のファンができると小さなビジネスが回り始める。と言われているからで、わたしもそれを起業1年目に実感しました。

で、よく聞かれるのが、「誰に申請すればいいですか?」と、「メッセージはつけた方がいいですか?」という質問です。

 

誰に申請すればいいのか?

ひとことでいうと、リアルで会っても知人になりたい人です。価値観が合う人。そして、Facebookでリアルな友達以外とつながることに違和感のない人。価値観が合うことを前提に、趣味ではなくビジネスが目的なので、意図をもって申請しましょう。

・未来のお客様:自分がお役に立てそうな人
・応援者:ビジネスを応援しあえそうな人
・単純に好き:ビジネスは抜きにしても仲良くなりたい人

この3種類の人たちを探して、友達申請をしていきましょう。友達申請の作業は、義務のように思ってしまうと苦しいだけですが、自分の好きな人たちを探す宝探しだと思えばとても楽しいし、色々な人たちが世の中にいることを知ること自体が、学びになるのでぜひ楽しんでおこなってください。

 

友達申請にメッセージをつけた方がいいの?

友達申請にメッセージをつけた方がいいかどうか。この答えは、まずご自身の胸に聞いてみてください。「どう思いますか?」と。こういう話って、ビジネスのテクニックではなくコミュニケーションの話なんです。人間関係の築き方の基準は自分で決めていいことです。

 

メッセージをつけた場合とつけなかった場合の体験談

わたし自身の体験談です。わたしは、メッセージをつけての友達申請と、メッセージをつけない友達申請、どちらも行ったことがあります。

結果は…

・メッセージをつけての友達申請:承認率が高いです。ただしメッセージの内容による。
・メッセージをつけない友達申請:承認率が低く、ときどき怒る人がいます。(反省)

メッセージをつけての友達申請が、ふつうのコミュニケーションを考えて常識的で丁寧だと思います。Facebookの友達申請を名刺交換に例えるなら、無言で名刺をわたすようなものですから。

たとえメッセージがメッセージリクエストフォルダに入るとしても。メッセージは送っておいた方がいいです。

ただ、メッセージをつけずにじゃんじゃん友達申請をして、一気に友達を増やして飛躍した起業家の知人もいます。その人はブルドーザー型。踏み潰すものもあるけど、速く、広く拓ける。

ただ、乱暴なコミュニケーションをすると、怒る人がいるというリスクがあります。1人からクレームがあったら、その後ろに4人は同じように思っている人がいると思ってください。

自分のコミュニケーションタイプと目的によって使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

どんなメッセージをつければいいの?

これも名刺交換と同じ。名刺交換では、「あいさつ」「自分は何者なのか?」「なぜあなたに声をかけたのか?」を礼儀礼節をもって伝えますよね。この3つは伝えることをおすすめします。

 

実録。こんなFacebook友達申請は嫌だー!

かなり嫌
「わたしは⚪︎⚪︎⚪︎の大富豪と知り合いなのですが、普段は人前に出ないその方と話せる機会がありますが来ませんか?」
→わたしの心の声「⚪︎⚪︎⚪︎の大富豪って誰ー(><)」→即ブロック。

 

「わたしはもう友達5000人になりそうなので、わたしの講演に来た人、興味がある人としかつながりません。飯沼さんはお住まいはどこですか?東京でもわたしの講演の開催があります」
→わたしの心の声「あなた誰ー(><)」「洗脳されてるのー」→様子をみたいのでしばらくそのまま。

 

「Love Yoko you are beautiful」

→わたしの心の声「サイバーテロなのかもしれない(><)→即ブロック。

 

ちょっと嫌
「共通の友達がいたので申請しました!」
「Facebookでいろんな人とつながれればと思って申請しました!」
「⚪︎⚪︎さんの門下生です。最近起業の勉強をはじめました!」
→わたしの心の声「この人わたしに興味あるんだろうか…」→投稿内容をみて人柄とビジネス内容によほど共感できなければ基本的に承認せず。

共通の友達がいること、つながりをもちたいこと、起業を学び始めたことはわるいことではないのですが、それでなぜわたしとつながりたいのかをわたしは知りたい(笑)

 

わたしは、Facebookをビジネス活用するようになって3年、アメブロは5年経ちますが、結局その後、心の距離がちぢまって、仲良くなったり、わたしのコンサルを受けてくださるようになった方は、いちばん初めの友達申請でわたしからの場合はメッセージをつけましたし、相手からの場合でも丁寧なメッセージをつけてくださっていました。

ビジネスはコミュニケーションの集大成。一時が万事。初めての接点である友達申請時の質と相性がその後を決めると言えると思います。