〈売上は〉追わないと着いてくる

Processed with Moldiv

世界観プロモーション飯沼暢子です。
最近この話題になることが多いなあと思いますが、

売上は、起業してビジネスをやる以上大切なことだけれど、

売上を目的にしたり、売上を追うと、
逃げていってしまいます。なぜかというと…

 

お金を得て豊かになり、

自分の叶えたいより良い生活を実現したり、

自分の叶えたいより良い社会を実現したりしたい。

 

これを最終目的に置いていれば、
いい循環が生まれることなので、
応援が生まれてちゃんと叶います。

でも、

「売上」という目先の数字を追っていると、
近視眼になり、

 

その数字に到達しない自分のことを
常に否定しているような状態になります。

 

このように、
自己否定』をすると、

 

あなたの器、
貯金箱のようなものが曇って
ギザギザになり、

丸いお金がすとんと
入ってこなくなる。

こんなイメージです。

否定は否定を生む。
これはエネルギーの法則。
(これは恋愛でも同じですよね)

 

売上という数字を追って
『自己否定』を繰り返すと、

否定がその人本人を
弱らせるので、

焦りから表情が怖くなったり、

告知文などが強く利己的に
なりすぎたりして、

がんばっても、
逆に人は離れていってしまいます。

 

それではどうすれば
よいかというと、

売上という数字
ではなく、

自分の才能を愛して、
自分を肯定して、
遠慮なく
『創造』することを目的にする。

『創造』に集中している人を
人は愛したくなり、

対価を自然と
払いたくなります。

売上は追わず、
クリアーに創造することを
追ってみてください♪

 

お金は後から
ついてきますよ^^

これは私自身や、
私の周りの
受け取り上手な
起業家さんを見ていて
実感していることです!