ライスワーク、ライクワーク、ライフワーク 起業家には3つの仕事がある。

threeworksIMG_2189

世界観プロモーション飯沼暢子です。個人起業家には3つの仕事がある。「ライスワーク」、「ライクワーク」そして、「ライフワーク」です。あなたはどの仕事をしていますか?

働く人の、3つの仕事のステージ
ライスワーク:お金のため、ご飯を食べるために働くこと
ライクワーク:その仕事が好きで働いている
ライフワーク:自分の使命だと思って働いている
この3つの仕事を、個人起業家の場合で解説していきますね。

 

ライスワークとは 

もしあなたが、新しい世界を創りたくて、勢いよく起業をしたとしても、すぐにご飯が食べていけるだけの収入になるとはかぎりません。経営者であるあなたが、自由にビジネスを描き、創っていくには、「経済的安定」と「精神的安定」が必須。最低限食費その他の生活費、税金、年金、家賃が払え、月に2回は友人たちと外食できる程度の安定収入は「ライスワーク」として確保しておいてください。

 

ライクワークとは

技術も思いもあるのに、実力に見合うだけの豊かさが得られない個人起業家さんは、ある種の「ライクワーク」にはまり混んでいることがあります。ほぼ無償のボランティアのような仕事など、いくら楽しくて、やりがいがあっても、今、それがあなたが一番にやるべき仕事なのかは、一度俯瞰して考えてみてください。あなたの活動のコンセプトを伝えるために、採算度外視でイベントとして行うならOKです。

 

ライフワークとは

ライフ=命の仕事。使命から行う仕事。「私はこれをやりきった!」と思って死にたい。そう思ってライフワークで起業する人は多いのではないでしょうか。ライフワークにおいて、起業家であるあなたはリーダーです。リーダーはライスワークやライクワークの作業に埋もれることなく、未来を変えるという責任のもと、何よりライフワークにエネルギーを注いでください。そして、未来を変える責任から、ライフワークではしっかりと報酬を受け取ってください。お金はエネルギーであり社会の血液のようなもの。あなたがライフワークで生み出したお金は命のエネルギーとなり、社会を変えていくことでしょう。

 

個人起業家3つの仕事まとめ

「人の役に立ちたい」と奉仕の気持ち、優しさがある起業家であればあるほど、「ライクワーク」を自分の核としてしまいがちになります。そんなときは、「リーダーとして自分がやるべきはライフワーク」。と、後につづく人たちのために影響力をもつためにも、「ライフワーク」へエネルギーを注ぐようにしていきましょう^^